最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« 2017年5月 | メイン | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月12日 (月)

今日はおとうさんの卒業した大学へ行ったよ!

今日は八王子へ、私の出身大学

Img_3222_2

のイヴェントに(ホームカミングデー)

出かけた。

一番の目的は物派関根伸夫さん

の対談を聴きたかったからだ。

関根さんは病気でネットで対談

になったが・・・。

 それから、多摩美術大学にある

若林奮さんの胡桃の木が何処に

Img_3208

植えられているかを知ること

であった。

 大学の教授の柏木弘さん

がそこの場所まで案内して

頂き、やっと発見できた。

若林さんの家から移植した

胡桃の木は少し枯れかけて

いたが・・・。

 胡桃の木は若林さんがその

木を生前に銅板に形を写し

取って作品にしたらしい。

遺作展のカタログにも写真

に収められている。

59023693

 そこで写真を柏木

さんに私を撮ってもらった。

此処に来た目的が果たせて

本当に良かった。

 大学もだいぶ変わって、

胡桃の木のそばに、麦わら屋根

の民家があったと言うと、それは

今、群馬県に移築されている

はずだと柏木さんが言ったが

群馬県の何処に移築されたの

だろうか?

・・・気になった。

大学在学中にそこで授業

Img_3216

を宮下教授から受けたからだ。

(自然文化論)

それから、リチャードセラの

作品に校内で再会した。

この作品は私が大学院時代

上野毛の校舎で観たそのもの

であった。

 あら?家の家族がそこに

Img_3218

いるよ!!

リンちゃんとバニーさん

ではないですか。

( バニー )

此処まで私たちは

一緒に来ました。

おとうさんが観た胡桃の木

はこれかな?

Img_3209

 何か張り紙があるよ!!

( おとうさん )

その紙は、大学の受付の人

が私に教える為にそこに付

けたらしいんだ。

初めに、受付の人に聞いたら

分からなかったので、

他の人に聞いてから、ここに

印を付けたらしい。

 後で聞いた話なんだけれどね。

( リン )

親切な人だね!

( おとうさん )

さあ、そろそろお家に帰りましょう。

最近の写真

  • Img_4205
  • Img_4204
  • Img_4203
  • Img_4195
  • Img_4188
  • Img_4185
  • Img_4184
  • Img_4182
  • Img_4176
  • Img_4174
  • Img_4173
  • Img_4170