最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

カテゴリ「時事問題」の記事 Feed

2012年5月21日 (月)

金環蝕を観る

今朝ピンホールカメラを作って金環蝕を観た。

その映像がこれです。あまり制度が良くなかったけれどそれなりに

観えた。専用のメガネを買えばもっとしっかり観えたのだが、忙しくて

なかなか準備できなかったのだ。

普段自然の摂理を考えて生活していないが・・・一度こうした機会に

もう一度足元からじ自分自身を見つめてみるのも良いものだ。Cimg0558_3

最近の写真

  • Img_4107
  • Img_4102
  • Img_4101_2
  • Img_4087_2
  • Img_new
  • 320
  • Img_4024
  • Img_4022
  • Img_4019
  • Dlr3jmru8aeqoth
  • Img_4006
  • Img_4005