最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« 芋ほり | メイン | さつま芋掘り  »

2012年10月21日 (日)

井上靖 著 『しろばんば』 を読む

時間がかかったが、最近井上靖のImg_new

しろばんば』を読んだ。

このきっかけは、

映画の『わが母の記』や

この小説を読んで、有名な

しろばんば

はどんな小説なのか、

気になったからだ。

なかなか、読み応えのある小説で・・・

かなり忙しいなかで、ようやく

読み終えることができた。

 文章が淡々としていてすばらしい。

洪作少年の成長を、

自分の少年時代

にだぶらせることができた。

 なかなか良い作品である。

今は少し埋もれた名作であろうが・・・。

昔の、白黒のこの映画を

         今度観てみたいものだ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/562683/30095329

井上靖 著 『しろばんば』 を読むを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_4205
  • Img_4204
  • Img_4203
  • Img_4195
  • Img_4188
  • Img_4185
  • Img_4184
  • Img_4182
  • Img_4176
  • Img_4174
  • Img_4173
  • Img_4170