最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« 2014年4月 | メイン | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月 6日 (金)

展覧会の案内

 7月に私の展覧会があるので、

その告知をします。

Tenrankai

場所は東京銀座の福山画廊

日時は7月28日(月)~8月9日(土)

二人展です。

 

 オブジェ作家どうしの展示です。

喜屋武さんは沖縄出身で、今は

東京に住んでいます。

Img_1059

 息子さんは沖縄芸大の教授

だそうです。

 私は最近4月の工房の展示会

(造形教室の2年に一度の展示)

から忙しすぎて、なかなか落ち着いて

制作出来ていません。

 それでも二階のアトリエで作品

に手を入れる時間は本当にImg_1060

自分が生きているという実感がします。

 先日 『アンネの日記』 や写真集

などを読んでいたこともあり、ハガキ

の作品のタイトルは『日記』にしました。

 

 少女の後ろ姿はアンネではない

のですがアンネをイメージしています。

 フェルトを固めて、一つ一つの彼女の

Annne

思いを日記の一ページのようにしました。

日記を読むと、やるせない思い以上に

彼女の前向きな姿に感動しました。

 

 生きる意味は自分が作り出して

いかないかぎり見つけられないと

思います。彼女は戦火の厳しい

なかにあっても前向きに生きたこと

が皆の感動を得ているのだと思う。

 日記を守ったミープさんもすごい人

だし、小川洋子さんのエッセイで知った

彼女の様々なことも、私の作品の中に

大きな影響を残したと思います。

 今回の展示作品も、自分のベストを

尽くして制作してたいものです。

続きを読む »

最近の写真

  • Img_4319
  • Img_4318
  • Img_4311
  • Img_4306
  • Img_4295
  • Img_4292
  • Img_4288
  • Img_4287
  • Img_4286
  • Img_4284
  • Img_4283
  • Img_4275