最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« テラコッタ作品を制作する | メイン | 骨董ジァンボリーに行く »

2015年7月25日 (土)

テラコッタの焼成を完了する

今日テラコッタを800度で

Img_1972

焼成して自宅へ持って来た。

窯を開けて直ぐの頃は40度

ぐらいで、すぐに今日の外気温

ぐらいに下がった。

( バニー )

この人たちは、日焼けして

茶色の肌になったね。

800度で焼くと白かった

Img_1975

肌が小麦色になるんだね。

 ( リン )

今度はお化粧した写真も

あるね。

( おとうさん )

この色は蜜蝋と顔料を混ぜて

着色する、エンコスティックと

う技法で色を付けているんだよ。

( バニー )

おとうさん、右の人の髪の毛

をとめているところが

光っているけど、何・・・。

( おとうさん )

これは金箔、と銀箔を貼った

んだよ。

今日は二階のアトリエの

室温が39度近かったけ

れど、風が吹くと箔が飛

んでいくから汗をかきな

がら箔を貼ったんだよ。

( リン )

寝ている人はいつ

起きるのかな・・・。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/562683/33488157

テラコッタの焼成を完了するを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_4205
  • Img_4204
  • Img_4203
  • Img_4195
  • Img_4188
  • Img_4185
  • Img_4184
  • Img_4182
  • Img_4176
  • Img_4174
  • Img_4173
  • Img_4170