最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« 朝顔とユリが咲く | メイン | 群馬の森へ行きました »

2015年9月16日 (水)

本と柘榴(ザクロ)ジュース

 今日は本の紹介をします。

ドリアン助川 著 『あん』

今週読みました。000013_chirashi

始めは、樹木希林が出演

した映画と言うことで、たまたま

本を読んでみたのですが・・・。

これは良い本だと思いました。

 ライ病患者であったおばあさん

の物語で、そこにどら焼きを作る

店主と女学生のからみで物語が

進行して行くのですが・・・。

 小豆の声を聴く、月の声を

聞くなどの言葉が出てきますが

日本人が忘れてしまった大切な

物を思い出させる言葉です。

Img_2025

それとライ病の悲惨さを知りました。

群馬県の草津にも、患者の収容所

があったとのこと。

 六合村(現、中之条)に住んでいた

頃はその近くをよく車で通っていた

のですが、そのことは

知りませんでした。

 それから、今日はリンちゃんと

バニーさんにザクロジュースを

プレゼントしました。

まだあまり赤く熟さないので

・・・味はどうかな?

( バニー )

すっぱくておいしいよ!!

( リン )

もう少し大きいうつわで欲しいな。

おとうさん、またジュースを作ってね!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/562683/33574135

本と柘榴(ザクロ)ジュースを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_4205
  • Img_4204
  • Img_4203
  • Img_4195
  • Img_4188
  • Img_4185
  • Img_4184
  • Img_4182
  • Img_4176
  • Img_4174
  • Img_4173
  • Img_4170