最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« お花見をする | メイン | 工房の展示会が始まる! »

2018年3月30日 (金)

高崎映画祭へ行く

先日、高崎文化会館へ

320

高崎映画祭の『エルネスト』

観に行く。

オダギリジョーがエルネスト

と呼ばれたフレディ前村

好演している。

この人はチェ・ゲバラ

ボリビア作戦の時一緒に

戦った日系人である。

チェ・ゲバラの映画

2008年制作の

『28歳の革命』

『39歳別れ手紙』

の映画を思い出した。

ゲバラの最後の戦いの中に

25歳のこの人もいたのだ。

「見果てぬ夢を見て何が悪い」

Img_new

とフレディは叫んだ。

現実が厳しくとも、それに向かう

姿勢に胸が打たれた。

戸井十月の「チェ・ゲバラの遥かな旅」

から始まり10年前に写真集など

や、その人となりを調べた時を

思い出した。

まだあの時感じた情熱は自分の

中に燃えているか?

と日々自分に問いたいものだ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/562683/34119665

高崎映画祭へ行くを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_4205
  • Img_4204
  • Img_4203
  • Img_4195
  • Img_4188
  • Img_4185
  • Img_4184
  • Img_4182
  • Img_4176
  • Img_4174
  • Img_4173
  • Img_4170