最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« 立体作品の完成 | メイン | サツマイモの収穫をする »

2018年11月 6日 (火)

製麺機展を観にゆく

今日、安中の旧碓氷郡役所

Img_4311

、『蘇る手動製麺機展』

を観に行った。

70台あまりの製麺機が展示

されていて非常に興味を引いた。

小野式を含め大正時代からの

機械もあった。

 機械の分解をしている人も

いて(実演)、本格的な展示

であった。

昨年高崎市歴史民族資料館の

Img_4292展示もおもしろかったが、

製麺機の歴史が良く分かった。

 小野式の説明書もあった。

担当者に少し聞いてみたが

やはりこの群馬県の西毛地区

には各家庭に製麺機が昔から

あって、小麦文化が養蚕地区Img_4295

に広がっていたと言うことだ。

 実際にうどんを作っている

実演コーナーもあり、観に

来た人に丁寧に説明していた。

Img_4306

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/562683/34150779

製麺機展を観にゆくを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_4819
  • Img_4811
  • 1560151996701_c4eb9e130d2f2a5a305fc
  • F0104004_1203568
  • Img_exsec01
  • Img_58bea8be06b80d828edad2ab01d47b3
  • Img_4810
  • Img_4809
  • Img_4808
  • Img_4804
  • Img_4803
  • Img_4801