最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« 新年おめでとうございます! | メイン | 制作途中 »

2019年2月10日 (日)

東京芸術大学卒業展を観に行く

2月の始めに上野の

Img_4418

東京芸術大学の卒業展

を観に行った。

 始めに都美館へ行き、

学部の生徒作品を観た。

地下の彫刻を観ると

 高校生をテーマに

した作品があり・・・

この人は服を着ていて、

口から食べたお菓子?

を吐き出していた。

 彫刻作品もここま

で来たか・・・。

 油絵、日本画、建築

も観たがこの作品が

Img_4421

一番印象に残った。

 芸大へ行く途中に

展示していた作品で

リンちゃんとバニーさん

の記念写真を撮った。

 この作品のテーマは

タコである。

タコが何匹も重なって

いた。

 芸大の本館では食堂

で昼食(定食)を食べ

8階から下に降りながら

作品がある部屋を巡った。

油絵科大学院生の作品

Img_4440

なのに、油絵は少なく

 戦隊ヒーローの絵

があり、驚いた。

 かたや、入院した写真

や自身の病気のこと等

を文章にした作品が

あり・・・本当に

自由である。

帰宅前に西郷さんの

銅像を観たくて

少し歩いた。

 頭がかなり大きい

のを発見した。

テレビの『西郷どん』を

見ていたもで、一度は銅像を

じっくり見たかったのだ。

 卒展を観ると今の時代

を投影しているのがわかる。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/562683/34169108

東京芸術大学卒業展を観に行くを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_4819
  • Img_4811
  • 1560151996701_c4eb9e130d2f2a5a305fc
  • F0104004_1203568
  • Img_exsec01
  • Img_58bea8be06b80d828edad2ab01d47b3
  • Img_4810
  • Img_4809
  • Img_4808
  • Img_4804
  • Img_4803
  • Img_4801