最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« ハニープロジェクトのイヴェントに参加する | メイン | 夏も終わり »

2019年8月14日 (水)

秋山コレクションを観に行く

 先日秋山さんのコレクション

Img_new

観させてもらった。

玉村にあろ、県立女子大の近くの

一般民家で一階から三階まで作品

がずらっと展示されていました。

 やはりメインは深井克美の

『オリオン』であり、私が北海道

道立美術館の彼の生誕70年を

観に行けなかった分、感慨

ひとしおでありました。

右の本の写真は前橋の阿久津

画廊さんから頂いた本です。

 秋山コレクションの一部

は中之条の植木さんの

コレクションを引き継いでいます。

秋山さんと色々お話をして、

Img_4714_2

帰りぎわに北海道立美術館で

行われた展示のポスターを

頂きました。

 今、それを額に入れて自宅

に展示しています。

秋山さんが、私がポスター

が欲しかったのを覚えて

いて、プレゼントしてくれた

のには驚きました。

 秋山さんのコレクションは

一般公開していません。

私が、数年前に阿久津画廊

で、コレクションの一部を

観させて頂いてから

秋山さんを知ることになりました。

この『オリオン』の作品の

持っているパワーはすごい

ものです。

 そんな作品を私も制作

したいものです。

それには、命を掛けて

制作するしかありません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/562683/34188072

秋山コレクションを観に行くを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_4819
  • Img_4811
  • 1560151996701_c4eb9e130d2f2a5a305fc
  • F0104004_1203568
  • Img_exsec01
  • Img_58bea8be06b80d828edad2ab01d47b3
  • Img_4810
  • Img_4809
  • Img_4808
  • Img_4804
  • Img_4803
  • Img_4801