最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« 夏も終わり | メイン | ゆりの花が咲く »

2019年8月29日 (木)

中之条ビエンナーレに行く

Img_4736昨日、中之条ビエンナーレ

に行った。

今回は8月24日から

開催された。

つむじからパスポートを持って

展示を観たが、旧廣盛酒造に展示

されていた穴井さんのビンの作品や

霊山たけやまの三梨さんの

オブジェ、そして伊参集会所

タニヤさんのコラージュの

作品が印象に残った。

 特にタニヤさんの作品には

興味があった。

Img_4741

写真のコラージュなのだが

観ていて興味が尽きない

建物の外にもおちゃわん

が配置されていて、建物

も作品の一部になっていた。

何かテーマがあるようなのだが

・・・しかし、観て楽しいのだ。

色々な発見があり、良く吟味

した配置に写真のコラージュ

Img_4755

があった。

 日本、カナダなどの古い

写真が使われていた。

今回一日目の来訪ではあるが、

二年前のビエンナーレと

比べて今回は熱気は

あまり感じられない。

屋外の作品が減って、

外国の作家が増えた。

 後、残り2日で展示を

観たいが・・・。Img_4756

仕事の関係で、何時行

くか検討中である。

 リンちゃんとバニーさん

とも相談したい・・・。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/562683/34189160

中之条ビエンナーレに行くを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_4819
  • Img_4811
  • 1560151996701_c4eb9e130d2f2a5a305fc
  • F0104004_1203568
  • Img_exsec01
  • Img_58bea8be06b80d828edad2ab01d47b3
  • Img_4810
  • Img_4809
  • Img_4808
  • Img_4804
  • Img_4803
  • Img_4801