最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« リヒター・李さんの展示を観に行く | メイン | 水彩画を描く »

2022年9月30日 (金)

李さんの展覧会について

 李さんの展示を取り

Kimg0331

上げたいと思います。

国立新美術館の会場

に展示していた、

インスタレーションの

作品はかなり贅沢な

スペースの使い方を

しています。

 室内の撮影は

出来ないので、

室外の写真しかないの

ですが、床に石を

敷き詰めた所に

石の作品がありました。

特に石の作品は興味

が湧きました。

Kimg0333

 彼の言葉が壁面に

ありましたが、

展示方法としては

面白いと感じます。

 私の多摩美術大学の

学生時代に彼の

授業を取っていて

(現代美術の教科)

講義を聴講したのを

思い出します。

 線や点の平面作品

Kimg0337

は今回の回顧展で

観ることが出来ました。

これだけの彼の作品は

観た事が無いので良かった

です。

 群馬県の原ミュージアムや

群馬県立美術館所蔵の作品

もありました。

 コロナ禍ではありますが

少しづつ展示会を観に行ければ

良いのですが、・・・。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/562683/34253387

李さんの展覧会についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Kimg0493
  • Kimg0487
  • Kimg0485
  • Img_5892
  • Img_5885