最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

2018年2月20日 (火)

お雛祭りも近い

今月お雛様を飾ったが

Img_3974

最近なかなか、気温が暖かく

なりません。

毎日、冬の一桁の気温

が続いてます。

 それでもお雛様を

お飾りすると気持ちも

春に近づきます。

 それから最近『風神雷神』

(柳 広司 著)を読みました。

Sim

なかなか面白く、本阿弥光悦

鳥丸光広、出雲の阿国などとの

からみも興味が湧いた。

しかし、タイトルの風神雷神 

についてはもう少し文章を

付け加えてもらいたかった。

俵屋宗達の人と、なりは良く

描けていた。

 琳派のことも、もう一度

見直したいものだ。

2018年2月 2日 (金)

南方熊楠 展を観に行く

生誕150年

23755752_1619236374804827_152332567

南方熊楠 展 が開催

されています。

早速、水曜日に東京の

国立科学博物館に行ました。

 熊楠は東京予備門(旧東京大学)

を退学してからアメリカ、キューバ

イギリス、日本に戻って和歌山県

で、粘菌などの研究を続けました。

 私が彼を知ったのは

彼の伝記を読んでからで、その後

興味を持って色々調べました。

彼が残したメモ(南方マンダラ)

などの独自の理論はわからない

としても、すごいと思う。

芸術、哲学、宗教、民俗学

男色、十二支考、等など・・・。

この人の頭の中は知の泉なの

だと思う。理解すること

ではなく、その有り様に触発

されて止まない何かがある。

 展示では、彼のメモを解読

して、現代の文字に変えて

分かるようにしていた。

出口に生前の彼の動画が

上映されていた。

初めて彼の動画を見た。

今現在も彼の残された

偉業を検証しているのだ

と言うことである。

2018年2月 1日 (木)

東京芸大卒業展を観る

先日東京芸術大学

Img_3941

卒業展を観に行きました。

( バニー )

ここにうさぎさんの

作品があるわよ!!

こんなに固まってなにを

しているのかな?

 きっと寒いから

固まって、温まっているのね。

( リン )

芸大の美術館で面白い

形のガラスを発見したよ。

この形はシャボン玉みたいだな!!

作者の濱田敬史さんに

話を聞いてみたよ。

Img_3932

吹きガラスを組み合わせた

作品だそうで、色々工夫

しているんだね。

卒業したらガラス工房の

施設を借りて

自分の作品を作りたい

と話していました。

濱田さん・・・お話を

聞かせて頂き、ほんとうに

ありがとうございました。

( おとうさん )

その他にも色々な展示作品

を観ました。

木曜には雪が降ると言う

ので、水曜日に行きました。

このあと、南方熊楠生誕

Img_3931

150年展にも行きました。

 南方は私の尊敬する人物

です。

また後でレポートしたい

と思います。

2018年1月28日 (日)

原田マハの本を読む

先日原田マハ

Maxresdefault

『たゆたえども沈まず』を読んだ

ゴッホと日本人画商をからめた

創作的な小説だが・・・。

後半のところは、かなり引き

込まれたが、史実のところと

創作のところが綯交ぜであ

っても、なにかしっくり

しない。もう少し日本人の画商を突っ込んで描けば良かったかもしれない。

 作品としては面白いのだが、画商二人を納得行く描写をしてもらいたかった。

 それでも、ゴッホと弟の苦悩は良く描けている。

そこのところは、引き込まれた。

そして、自分自身と重なり身につまされた。

新年明けましておめでとうございます!!

明けましておめでとう!!

Img_3876

パソコンの調子が悪くて

新年のご挨拶が遅れてしまいました。

今年もよろしくお願いします。

リンちゃん&バニーさんも

よろしくお願いします。

( バニー )

去年の冬から私たち

冬眠していたの・・・。

( リン )

僕たちコタツの上で

外出しないで、じっとして

いたんだけど、おとうさん

は作品を作っていたみたい

で、僕らは作品に囲まれて

Img_3875

いるよ!

( おとうさん )

皆んなが冬眠している間に

作品を10個ぐらい

制作したよ。

皆んなの横にいるのは

粘土を素焼して(850度)

蜜蝋と絵具で色つけした

作品なんだよ。

 他にレリーフ作品も

Img_3890

あるよ。

かなり時間が掛かった

けれど自分としては

良いものが

出来たかな・・・。

 今年も、作品作りに

頑張りたいな!

( バニー )

私達のことも忘れないで

今年も色々なところへ

連れて行ってね!!

Img_3878_2

2017年11月18日 (土)

タモリ倶楽部で製麺器の特集を観た

今日はテレビのタモリ倶楽部

Img_3843

を観た。

先日高崎市歴史民族資料館

製麺器展を観て、タモリ倶楽部

の特集があるのを知った。

夜遅い番組だったが・・・。

玉置さんが色々と説明していた。

まだ若い人なのに、製麺器の

コレクターで、本も出している。

私の家にも小野式の製麺器があり

両親が亡くなってから埃だらけ

の機械を取り出して台座は木を切

り出して取り付けた。

下の画像が我が家の小野式

11型(型式)?製麺器です。

最近、製麺してうどんを食べて

いるので、大変興味がある。

Img_3850

資料館の学芸員の方が丁寧に

説明して頂いたので、益々

製麺器に興味が湧いた。

Img_3851

2017年11月14日 (火)

東京に展示会を観に行った

練馬区美術館へ『麻田浩』

00089250

を観に行った。

 彼の没後20周年の展示だ。

私の大学生時代彼の原風景

と言う作品に衝撃を受けた

覚えがある。

確か原風景と言う言葉は

多摩美術大学、前教授の

奥野健男さんの「原風景」

を思い出す言葉だ。

 作品には、土と水滴

が繰り返し描かれていて

印象的だった。

 新制作展に行くと、何時も

大きな画面に色々なものが

描かれていた記憶がある。

今回観た作品も大きな作品が

Th

多かった。

 その展示の次に上野の

国立博物館の『運慶』の作品

を観に行った。

彼の仏像はなかなか観れない

ので期待も大きかった。

流石に行列に並ぶことになった。

私が一番感銘した作品は

『重源聖人座像』と言う

作品だ。

かなりリアルで、聖人を

正確に表現していた。

なかなかこんなに多くの

有名な仏像を観ることが

出来ないので本当に

観ることが出来て良かった。

 

2017年11月 7日 (火)

今日はザクロジュースを飲んだ

( バニー )

Img_3838_2

今日はおとうさんの畑に

栽培されている、ザクロ

収穫して、ジュースを飲み

ました。

( リン )

今年は山の木でなくて、

畑に栽培したものだから

まだ味が悪いな・・・。

( おとうさん )

そうだね、初めて実が出来た

から、来年期待したいネ。

実が今年初めて付いたから、

足掛け2年くらい掛かった

かな・・・。

 この冬は落ち葉をまた

勤めている学校から頂いた

から、それを土にする仕事

もあって忙しいな・・・。

先日玉ねぎの苗も植えて、

来年こそは収穫を期待

したいな・・・。

2017年11月 4日 (土)

甘楽町文化祭に行った

今日11月3日(金)は

Img_3817

文化の日で、甘楽町の

グラウンドで催し物があった。

文化会館では、色々な展示が

あり初めて行ってみた。

 昼食で、さんまの焼いたのと

鳥丼を食べた。

会場では、獅子舞などを披露

していた。今日はかなり暑くて

秋とは思えない良い天気であった。

Img_3818_2

 文化祭の帰りに

甘楽中学校により、寄贈した

自分の作品を観た。

久しぶりに自分の作品に

対面すると、我が子がそこで

頑張っているように思えた。

 我ながら誇らしくも

あり・・・恥ずかしくもあり

Img_3824

・・・。

 我が家では、畑で栽培した

ザクロをリンチゃんとバニーさん

が物欲しそうに見ていた。

 これからジュースにしてあげる

よ!!

Img_3830

2017年10月 5日 (木)

ビエンナーレ 三日目

中之条ビエンナーレも三日目

Img_3799

になった。

今回は沢渡温泉のギャラリー周辺

から観て歩いた。

斎木三男さんの作品は彼が

牧水の像を新たに作った人で

あることは知っていたが、

ここでは、切られた牧水の

足(像は昨年盗まれた)を

置いて、また彫刻した石

の破片をインスタレーション

と言う作品にしている。

牧水の新しい像の除幕式

は今月の20日だと

牧水茶屋のおばあさんが

Img_3801

話してくれた。

 華楽の里には林耕史さんの

作品があり、散策コースを

歩きながら観させてもらった。

なかなか良い作品だ。

六合村の自然と融合していた。

 それから最後の赤岩地区

を観て歩いた。

散策コースが此処にもあり、

Img_3807

開善学校の風鈴が秋の風に

爽やかに揺れていい音色を

かもしていた。

 私が勤めていた開善学校の

遥か昔の記憶が、風の中で

蘇った気がした。

 長英の隠れ湯に入って

帰宅したのは夜中になって

いた。

Img_3815

 今日は随分気温が寒く

なったので、リンちゃん

とバニーさんにマフラー

を編んであげた。

 ビエンナーレも毎回観て

いるが、色々大変な様子

がうかがえて・・・観る側

は楽しいが、地元の人は

ご苦労があるのではない

だろうか。

最近の写真

  • Sim
  • Img_3974
  • 23755752_1619236374804827_152332567
  • Img_3941
  • Img_3932
  • Img_3931
  • Maxresdefault
  • Img_3890
  • Img_3878_2
  • Img_3878
  • Img_3876
  • Img_3875