最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« 2012年9月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月28日 (日)

隣の犬

今日は畑の隣りのTさんちのCimg0803

J君を紹します。

人なつっこいJ君は私が畑に行くと

何時も、フェンスの下から顔を出して

迎えてくれます。

何時だったか、やまかかし(蛇)の

子供と格闘していました。

畑の方は今、大根とほうれん草Cimg0805

が芽をだして、育ち始めています。

玉ねぎも種から栽培してようやく

芽が出てきて、毎日の水やりも

一段落というところで、苗床を

先日作りました。

Cimg0807

2012年10月24日 (水)

さつま芋掘り 

 さつま芋掘り(第二回)Imohori

を開催する。

雨も多少小降りであったが、

火曜日の生徒の芋掘りを行う。

 生徒が3人(一人欠席)

なので車で現地に行って、

芋を車にのせて運んで

工房まで運んだ。

各自、自分の掘った芋ではCimg0816

ないが、分担された芋を

持ちかえった。

本当は、芋を水洗い

してそれを持たせた

かったのだが、時間

の都合上・・・しかたがなかった。

2012年10月21日 (日)

井上靖 著 『しろばんば』 を読む

時間がかかったが、最近井上靖のImg_new

しろばんば』を読んだ。

このきっかけは、

映画の『わが母の記』や

この小説を読んで、有名な

しろばんば

はどんな小説なのか、

気になったからだ。

なかなか、読み応えのある小説で・・・

かなり忙しいなかで、ようやく

読み終えることができた。

 文章が淡々としていてすばらしい。

洪作少年の成長を、

自分の少年時代

にだぶらせることができた。

 なかなか良い作品である。

今は少し埋もれた名作であろうが・・・。

昔の、白黒のこの映画を

         今度観てみたいものだ。

2012年10月20日 (土)

芋ほり

今日はサツマイモ堀を工房のPhoto

教室で行う。

天気も良くて、掘ってみると・・・

かなり大きなサツマイモであった。

皆、手早くツルを取り除いて

土の中のサツマイモを

20個ほど掘り出した。Cimg0813_2

帰宅後に、

教室でサツマイモの絵を描き

始めた。

2012年10月 3日 (水)

新しい学校に行く

10月から新しい高校に非常勤講師でCimg0787

教えに行くことになった。

なかなか準備に大変で、

まずは掃除から始めた。

物が溢れて、何が何処にあるのか

分類するのに時間が掛かる。

うっかり生徒の作品を捨てられず

なんとか、教卓だけは物を置くCimg0788

をスペース確保した。

窓から見える風景は少し

心を癒す。

  授業の準備はこれからだ・・・

少し不安もあるが、

        なんとか頑張ろう!!

最近の写真

  • Sim
  • Img_3974
  • 23755752_1619236374804827_152332567
  • Img_3941
  • Img_3932
  • Img_3931
  • Maxresdefault
  • Img_3890
  • Img_3878_2
  • Img_3878
  • Img_3876
  • Img_3875