最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月22日 (木)

作品制作

なかなか忙しくて、個展以来Cimg0841

まとまって、制作時間がとれなくて

130号の作品が完成しなかったが

最近になってようやく目途が付き、

教員展には間に合いそうだ

明日は、車の上にルーフキャリア

を付ける予定だ。

搬入当日はその上に作品を

乗せて運ぶ手筈になって

いる。

作品は今回も再生紙の手漉き

をベースに、エンコースティック

技法(蜜蝋と絵具を基にした技法)

で作品を制作した。

2012年11月17日 (土)

小川洋子の本について

小川洋子の『ことり』を読む。Img_new

この本は、最近の本であるが、

仕事が前橋の紀伊国屋書店

に近かったので購入して、すぐ

読み始めた。

表紙は勝本みつるのオブジェ

が掲載されていて。

なかなか興味がそそられた。

かつて、彼女の作品は毎回

よく東京の銀座まで観に

行ったものだ。

彼女の作品も小品ではある

が購入した。

本の内容は、クレア・キップス
『ある小さなスズメの記録』
 に

近いところがある。

しかし彼女の作品らしく、

ところどころに偏愛的ななにかが

ある。私の評価は・・・ぐらいかな。

最近の写真

  • Sim
  • Img_3974
  • 23755752_1619236374804827_152332567
  • Img_3941
  • Img_3932
  • Img_3931
  • Maxresdefault
  • Img_3890
  • Img_3878_2
  • Img_3878
  • Img_3876
  • Img_3875