最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« 骨董ジャンボリーに行く | メイン | 本を読む »

2016年1月17日 (日)

同窓会に行く

1月11日(月)に甘楽一中の

Img_2204

同窓会があって、参加しました。

まず、廃校になる中学校の中を

見させて頂き、今度は高台にある

中学校を外だけ見学しました。

新中学校は食堂が別棟にあり、

そこから見える風景も絶景です。

高台なので全方向(360度)

が見えます。

( リン )

ぼくたちは古い中学校の図書館

に来ました。

( おとうさん )

この図書館で

『次郎物語』(下村湖人著)を読んだ

Img_2205

のを思い出すな。

あれが本を読むきっかけになったん

だよ。

( バニー )

おとうさん、ここで本を読んでいたのね!

わたしも何か読みたいな。

( おとうさん )

この中学校も4月から廃校になって

Img_2208

壊されるようだよ。

なにか淋しいけれど・・・。

ここで大学生の頃、教育実習

をしたんだよ。

 なつかしいな・・・・。

( リン )

おとうさん、美術の時間が

時間割にあるよ!

ぼくたちも授業を受けたいな!!

( バニー )

階段に生徒さんの作品もあるわよ!

( おとうさん )

みんながんばって描いているね!

Img_2207

書道の作品もあるよ・・・。

( リン )

おとうさん、不言実行って何?

( おとうさん )

それわね、自分で言った事を

必ず実行すると言う事だよ。

( リン )

そう言う事か・・・。

おとうさんは、じゃあ・・・リンちゃんに

靴を買うって言うことだね!!

( おとうさん )

・・・・・・。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/562683/33715009

同窓会に行くを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_4254
  • Img_4253
  • Img_4240
  • Img_4238
  • Img_4237
  • Img_4230_2
  • Img_4227
  • Img_4226_2
  • Img_4226
  • Img_4225
  • Img_4223
  • Img_4222