最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« 中之条ビエンナーレに行く | メイン | ビエンナーレ 三日目 »

2017年10月 2日 (月)

中之条ビエンナーレ 二回目 鑑賞

中之条ビエンナーレに行く。

Img_3778

今回は四万温泉、沢渡温泉まで

行った。

沢渡温泉の廃校にあった嶋津さん

の作品は良かった。

暗幕の中に、ワイヤーで吊るした

植物の輪郭が空中に浮いて見えた。

 最近の傾向で、ビデオ作品が

多かったが、あの暑さで暗闇に

長くいるのは、辛いものだ。

 期待していた野外作品は今回

は本当に少なくなってしまった。

外国人の作品が多かったが、やはり

ビデオ作品が多かった。

 次回は10月に行こうと思う。

Img_3790

なかなか、リンちゃんとバニーさん

も、期待していたのとは違うみたいで

・・・。

 でも、展示会場の近くにニホンザル

が来ていたのはびっくりしたようだ。

後もう一回家族皆で観に行きたい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/562683/34085724

中之条ビエンナーレ 二回目 鑑賞を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_4107
  • Img_4102
  • Img_4101_2
  • Img_4087_2
  • Img_new
  • 320
  • Img_4024
  • Img_4022
  • Img_4019
  • Dlr3jmru8aeqoth
  • Img_4006
  • Img_4005