最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« 中之条ビエンナーレ 二回目 鑑賞 | メイン | 甘楽町文化祭に行った »

2017年10月 5日 (木)

ビエンナーレ 三日目

中之条ビエンナーレも三日目

Img_3799

になった。

今回は沢渡温泉のギャラリー周辺

から観て歩いた。

斎木三男さんの作品は彼が

牧水の像を新たに作った人で

あることは知っていたが、

ここでは、切られた牧水の

足(像は昨年盗まれた)を

置いて、また彫刻した石

の破片をインスタレーション

と言う作品にしている。

牧水の新しい像の除幕式

は今月の20日だと

牧水茶屋のおばあさんが

Img_3801

話してくれた。

 華楽の里には林耕史さんの

作品があり、散策コースを

歩きながら観させてもらった。

なかなか良い作品だ。

六合村の自然と融合していた。

 それから最後の赤岩地区

を観て歩いた。

散策コースが此処にもあり、

Img_3807

開善学校の風鈴が秋の風に

爽やかに揺れていい音色を

かもしていた。

 私が勤めていた開善学校の

遥か昔の記憶が、風の中で

蘇った気がした。

 長英の隠れ湯に入って

帰宅したのは夜中になって

いた。

Img_3815

 今日は随分気温が寒く

なったので、リンちゃん

とバニーさんにマフラー

を編んであげた。

 ビエンナーレも毎回観て

いるが、色々大変な様子

がうかがえて・・・観る側

は楽しいが、地元の人は

ご苦労があるのではない

だろうか。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/562683/34086201

ビエンナーレ 三日目を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Sim
  • Img_3974
  • 23755752_1619236374804827_152332567
  • Img_3941
  • Img_3932
  • Img_3931
  • Maxresdefault
  • Img_3890
  • Img_3878_2
  • Img_3878
  • Img_3876
  • Img_3875