最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« 個展が開催されています。 | メイン | 桜の花見に行く »

2019年3月20日 (水)

個展四日目

今、自分の個展をしているが

Img_new

現在、北海道では深井克美

展覧会が行なわれている。

 ちょうど、会期が21日

迄で、私の個展の会期と

重なる。

行きたかったのだが・・・

残念だ。

 先日、深井のオリオン

所蔵している秋山さんに

私の個展を観に来ていただいた。

 色々お話したのだが

深井の妹さんの話が

印象に残った。

深井の作品を数点所蔵

しているのだが、秋山さん

に対して始め、敵対心を

抱いていたと言うが・・・

(秋山さんがその作品まで

も取り上げたいという

意思があるわけでは無

かったので)

少し誤解がとけて安心

したのだろうと思う。

作品がまた秋山さんの

所に戻ったら、是非また

観に行かせてもらいたい

ものだ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/562683/34173178

個展四日目を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_4672
  • Img_4671
  • Img_4670
  • Img_4669
  • Img_4667_2
  • Img_4667
  • Img_4666
  • Img_4661
  • Img_4655
  • Img_4653
  • Img_4651
  • Img_4649