最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

« 看板を作る | メイン | 作品の寄贈 »

2019年9月16日 (月)

中之条ビエンナーレ二日目

9月15日(日)に

Img_4791

中之条ビエンナーレ

観に行った。

今回は伊参エリアのやませ

観てから四万温泉に行った。

やませでは鉾井喬(ほこいたかし)

さんの作品が良かった。

タイトルは、『存在と痕跡』

風の力で大きな木の上にその

動きを鉄のニードルの様な

もので、痕跡を残すと言う物だ。

地元の人に説明して頂いたのだが

すごく感銘を受けた。

今日は時間を掛けて観に来た

甲斐があった。

 四万温泉に行くと、白い人達

Img_4801が町の中を行進していて、積膳館

の近くで音楽が流れて、ダンサー

達の踊りが始まっていた。

このパフォーマンスもビエンナーレ

のイヴェントの一つだと言う。

最初は怖かったのだが・・・

だんだん可愛く思えたのは

私達だけではないようであった。

Img_4804

最後にダムの近く日向見公園の中に

セミのオブジェがあった。

折角だから、リンちゃんと

バニーさんの記念撮影を

したが・・・。

バニーさんが白い人

記念写真を撮りたかった

と言っていた。

気付かなくてごめんね!

Img_4803

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/562683/34190699

中之条ビエンナーレ二日目を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_4819
  • Img_4811
  • 1560151996701_c4eb9e130d2f2a5a305fc
  • F0104004_1203568
  • Img_exsec01
  • Img_58bea8be06b80d828edad2ab01d47b3
  • Img_4810
  • Img_4809
  • Img_4808
  • Img_4804
  • Img_4803
  • Img_4801