最近のトラックバック

小説

  • クリストファー・プリースト: 奇術師
    これは、映画化(2006年)されて、小説と合わせて観ると面白い。 タイムマシンをテーマに描いた作品で、読み応えがある。 (★★★★)
  • 小川洋子: 薬指の標本
    彼女の感性が研ぎ澄まされている作品で、フランスで映画化された。彼女の小説の中で一番好きな小説だ。彼女の小説を全部端からから読んでもやはりこの小説が個人的には一番好きだ。 (★★★★★)
  • ジェフリー・フォードの: 『白い果実』
    ジェフリー・フォードの3部作の一つで、未来幻想小説。 『記憶の書』、『緑のベール』と読み進むと作品の全体像が明らかになるが、『緑のベール』では主人公(語る人)が別人になる。 なかなか以外な結末で、彼の探偵小説や主人公が絵描きの 小説もなかなかの読みごたえがあり、他の作家とかなり違い、新鮮な感じを受けた。 (★★★)

作品リスト

  • 眠れるエリニュエス
    最近制作した作品を紹介します。
Powered by Six Apart

カテゴリ「書籍」の記事 Feed

2012年9月 8日 (土)

『わが母の記』を読む

『わが母の記』 井上靖著 を読む。Img_new

なかなかの文章で、久々に文学を

読んだ気分を味わえた。

内容は自分の母の介護日記

のようで、ノンフィクションのようだ。

私の母のことが忍ばれて、短い

時間で読んでしまった。

 この映画も観てみたい。

きっと、樹木希林の演技が

見ものなのだろう・・・。

『東京物語』、『銀の匙』、『野菊の墓』

等などの映画や、小説の場面が

ダブってきて、なつかしさや、自分の

母の介護の体験も思い出されて・・・

切なさの中に味わい

のある文章に感銘を受けた。

2012年8月14日 (火)

小川洋子の作品を読む

小川洋子の作品『最果てアーケード』

を読む。Cimg0746

これは、漫画の原作のようで、

後日調べたら色々と面白かった。

作品の内容は昔の商店街の

物語で、そこで売られている

商品のことや、店主の物語を

描いている。

その中でも、

遺髪レース(遺髪で編んだレース)

の物語はこの中でも一番面白いし、

よく考えている。

に対する偏愛がよく出ている。

小川洋子の独特な文章で、良くできて

いる。やはりそこには《死》のイメージ

が貫かれて描かれている。

最近の写真

  • Img_4254
  • Img_4253
  • Img_4240
  • Img_4238
  • Img_4237
  • Img_4230_2
  • Img_4227
  • Img_4226_2
  • Img_4226
  • Img_4225
  • Img_4223
  • Img_4222